ITコーディネータの資格で真のIT経営を


ITコーディネータは経済産業省推進の資格で真に経営に役立つIT利活用に向け、経営者の立場にたった助言を行いIT経営を実現する人材です。製造業・小売業・サービス業をはじめ自治体・病院・学校など多様な業種で数多くの実績を上げています。 この資格により、新たなビジネスチャンスが広がり活躍の場も大きく広がります。これからの時代は、経営とIT双方の領域に長けた人材が必要となります。これから目指す方は、経営からITまでの幅広い知識を得るだけではなく、実践的なケース研修が用意されているため早い段階で実績を積むことが可能となるため、経営の即戦力として活躍が期待されます。経営のプロの方は、経営や経営サポートの専門的な知識にくわえ、IT知識を向上させることで時代に合った経営戦略の策定・実現が可能となります。ITのプロの方は、経営知識を深めることで経営課題への効果的な判断が可能となり、企業におけるIT戦略担当やITのわかる経営幹部になることも期待できます。 ITコーディネータになるためには、ITC試験に合格し、ケース研修を受講し、上記2つを満たした上でITCの認定を受けることが必要となります。試験は受験資格に制限はなく誰でも受験可能です。ケース研修は個人学習と集合研修6日間となっており、「eランニング」→「事前学習」→「集合研修」→「課題レポート提出」を繰り返すことでLMSによる学習システムとなっています。